スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄水ストロー

ちょっとしたハイキングのつもりで出かけても、年に何人かは道に迷う。

ハイキングには、かさばるので、浄水器は持っていきたくない。

そんな時に浄水ストローを持っていると、安心である。

サイズも大きくないので、かさばらない。

これが有れば、水さえ見つける事が出来れば大丈夫!



スポンサーサイト

水をどう得るか

人間が生きる上で、空気の次に大切な水。

人間が一日に必要な水は3リットルと言われている。

一週間のサバイバルを考えと、一人27リットル必要になる。

水は非常にかさばる。4人家族で1週間だと、100リットル近くの

水が必要になる。それだけの水を備蓄するのは至難の業だ!

たとえ、近くに川があったとしても、そのまま飲むのは危険である。

貯水池の水もしかり。

一つお勧めなのが、浄水器を使う事である。

例えば、カタディンの浄水器は赤十字でも使われており、

99%の細菌を除去する事が出来る。

近くに川や、ため池がある場合は、これを使えば簡単に水を手に入れる事が出来る。

ただし、味が良くなったり、臭いを消せたりはしないので、味はそれなりである。




一日必要な水の量

さて、一日どのぐらの水分が必要なのだろうか?
一般的には3リットルと言われている。
もちろん、食べ物に水分が含まれていれば、
そこからも摂取することができる。
そして、その時シチュエーションにもよる。
例えば、砂漠や乾燥した場所になれば、
もっと、大量の水分が必要になる。
もし、必要な水分を摂取できなければ、
良く知られている、脱水症状になる。
そして、慢性的に水分が足りない状況に
陥ると、臓器が異常をきたす。
如何に水を手に入れるか知るのは
サバイバルの状況において重要な事である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。