スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

停電になっても、

災害が起き、停電になった時、ポータブルラジオが情報源として役立ちます。

しかし、今の世の中、電池式のラジオを持っている家庭も少なく、スマホなら

有ると言う家庭の方が多いはず、しかし、電池が永遠に持つわけではありません。

そういった時に役立つのが、ソーラーチャージャーです。天気が悪いと充電が

遅くなりますが、出力も24Wと高めで、コンパクトなので、キャンプなどでも使用できます。

スポンサーサイト

断水時のトイレ

災害が起こって、断水になった時、一番困るのが、トイレです。

女性は特に、外で、という訳にはいきません。

そういう事態に備えて、簡易トイレを用意しておくと、しばらくの間

困りません。


簡易テント

地震で家が壊れそうになり、家の中で寝れない時や、ハイキングに行って、ミニに迷い山の中で

夜を過ごさないといけなくなった時に、チューブテントが有れば、寝床を簡単に作る事が出来ます。

耐久性は無いので、長期間使うのは難しいですが、、一時的に使うなら十分役に立ちます。





あると便利

サバイバルの3要素に水・火・寝床とあります。
寝床の屋根を作るのにあると便利なのが、紐です。
それ以外にも、ロープがると何かと役に立ちます。
これからご紹介する、パラシュート・コードは
細いながらも、250㎏まで耐えられる丈夫な
ロープで名前の通り、パラシュートに使われている
ロープです。長さは30mあり、安くて丈夫です。
そして、かさばらないので、車やリュックに
入れておくと、いざという時役立ちます。

防寒

;地震などのため、車内泊を余儀なくされた場合、サバイバル・ブランケットがあると、
これからのシーズンちょっとした防寒に役立ちます。
ただし、熱に弱いので、焚火のそばでの使用はご注意ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。